喜びの人生

のびやかに。。。しなやかに。。。喜びの人生を送りたい

謝り方 

ネットニュースに豊田議員の謝罪の仕方から
出来ない人の謝り方が記載されていた。

【1】謝るまでに時間がかかる
【2】核心のポイントはそらす
【3】どさくさに紛れて自己アピール
【4】「本来の自分ではない」と「一時性」を強調
【5】「実は理由があったのだ」と自己弁護 
【6】「かわいそうだけど、再チャレンジする自分」をアピール

耳が痛い。
実は、私はある出来事である方を怒らせて
謝罪したのだが。。。
6項目の中で、大丈夫だったのは1と2のみ。

その後長い間、3~6を理由に止まっているのだ。
あまりのひどさに自分でも持て余し
その方にこれ以上巻き込むことがないように
私が立ち上がるまでほっておいてほしいと依頼したばかりだった。

そして、日々
自分を観る日々。

なんで前に進めないか?
嫌な自分に有を与えることが出来ない。
ここに尽きる。。。


早く抜け出したい。。。なあ。。。
スポンサーサイト
trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー