喜びの人生

のびやかに。。。しなやかに。。。喜びの人生を送りたい

父と子 

寮生活で高校生活を送ってきている息子が夏休みで帰省している。
夏休みのはじめこそ、学校の課外授業があったが
その後は遊びほうけている。

家を出る時、あんなに寂しかったのに
息子がひっきりなしに話しかけてくると
心底うるさく感じる私。どうなんだ。。。。

数日前の事
パパさんは、息子に梨を剥くように命じていた。
手つきが危なっかしくて
みているのが辛い。。。
でもパパさんは、頑として息子が止めるのを許さなかった。
(我が家のパパさんは、そういうとこがあるんだよね。。。)
ところが、その内息子はナイフで手のひらを切ってしまい
流血騒ぎ。
パパさんは、責任を感じたのか
息子の傷口を血が止まるまで圧迫止血した。
包丁で手を切ったくらいでこの騒ぎ?
あの包丁つかい予測できたでしょ?
高校生の手を止血してるって?と冷めた目で見ていた。
ところが、思ったより傷が深ったのか?
今晩みてみると傷口がパックリ開いている。といっても数ミリだけど。
ちょっとお高め(価格が)のカット判でも貼っておけばいいかと思っていたら
パパさんが「ステリ貼ったほうが早く治るかも。」とか言い出した。
ステリとは、よく病院で傷口を貼り合わせるのに使うテープの事。
えー?今更病院連れて行くの?
このあたりで外科って総合病院しかないじゃない?
連れて行かなきゃダメ?
お高めのカット判でいいでしょ?
私は、急いで薬局にお高めのカット判を買いに行った。

すると!!!
ステリが売ってた!!!

ステリを使って、パパに手当てをしてもらった高校生男子は
まるで幼児のようになんだか嬉しそう。

まあ、いろいろ気になる所はあるけれど
まずは傷も治るだろうし
みんながいいからいいか。。。
スポンサーサイト
trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー